格安ホームページ制作

ブログとは?
「具体的にさぁ…ブログってなに?ホームページの一種なの?」 こんな質問をよくいただきます。答えはYesです。さらにいえばホームページの日記系の記事部分だけを特化させ、各ホームページ運営者のコミニュケーションに“広がり”の可能性を多大にもたせたモノ、といってよいかもしれません。判りづらい…ですよね。OK、現実世界を例にとって、ご説明いたしましょう。

ホームページ以前
千葉県在住の●山さん。56歳、男性。勤め上げた一部上場企業も、あと4年で定年です。部下もようよう育ってきて、出社は週に3回、お迎えのお車付。午後の1時〜3時まで机にすわり、ハンコを2つ3つ押すだけでよいのでした。若い頃はやや喧嘩っぱやく、両親・先生・上司、と面倒みてくれた方々に、そのつどご迷惑もかけました。しかし40も半ばを過ぎ、かつての自分に似た“直球派”の部下の面倒を今度は自分がみる立場となり…お得意先に同行し頭をさげ…下請けに電話してはなだめ…などなどしとるうち、すっかり熟成された“大人の薫陶”をにおわすようになり…。いきつけのスナックの若い女性をひそかにシビレさす、ナイスミドルにたどりついたのです。

筆不精には不利?
鬢にちらつきはじめた白いものが、“気”の若さを裏切りはじめた5年前の秋、彼は・・そう、“ホームページ”に目ざめてしまったのです。ガチョーン!それまで趣味はといえば“釣り”だけだった●山さん。仲間とつくっている“釣りあげようの会(渓流フィッシングサークル)”では毎月会報代わりのモノクロ手書きのパンフレットに、“今月の活動報告”を寄稿しとります。ようするに“筆まめ”なのでした。当然、「うっしゃ!オレもいっぱつ“MY釣り日記”みたいなホームページ、つくったるぞー!」となるのです。十数年前、経費会社もちの研修にてワープロ教室に通った●山さん、持ち前の根性で、いまではブラインドタッチ(※キーボードでなく、画面を見たまま文字を打つコト。)ができるようになっております。

とりあえずサイトが完成して・・
ホームページビルダーを買い込み、仕事の企画などそっちのけで必死にとりくんだ結果、1ト月後には見事なホームページが完成しておりました。目玉のページは、とうぜん“MY釣りバカ日誌”。ホームページ上で公開するニックネームは“ハマちゃん” です。もはや完全に“はまって”しまった●山さん、スキャナーとフォトショップまで買い込み、釣り上げた魚をにぎりニッカリ笑う自分の写真と、A4の紙にとった魚拓を切り抜いて合成し、カットとしてホームページのトップにアップするところまでうちこんどるのであります。そのうち、やはりこれも当然のごとく、あらたな願望が頭をもたげ始めます。「日本全国、オレのように釣り好き・ホームページ好きが書いて公開してる“釣り日記”を読んでみたい。読んでみたい読んでみたい!」

そしてブログに出会う
そんな欲求不満にかられつつ、いろんなホームページを次々閲覧していたある深夜、ふと発見した某ブログ。「無料でブログが作れます。お好きなジャンルで、書いた日記をお互いアップいたしましょう!」 ピンポイントなうたい文句が、縁日の焼きとうもろこしのごとく鼻孔をくすぐります。「ふむふむ。なんだろ?この“ジャンル一覧”って。映画・政治経済・アニメ・コミック…ん?趣味・実用?う〜ん・・ほうほう、野菜づくり・ガーデニング・サボテン・多肉植物・観葉植物…オォ!・釣り、フィッシング!」。そこにはなんと!同じ釣りが好きな人が全国から書き込んだ“私の釣り日記”が、ダーッと並んでおるではありませんかぁ!「な、なんだこりゃー!・・よぉーし、負けないぞぉ!」子供のように頬を紅潮させ雄たけぶ●山さん、この日から、こんどはホームページでなくブログにくびったけです。まったく・・中年過ぎてからの趣味へののめりこみは、止めようがありません…。

ホームページといっても、結局は人間同士のつながり
まぁ、ホームページ→ブログにいきつく過程を延々と書いてきましたが。
たとえば、毎晩寝る前に雑記帳につけるご自分の日記。書き終わり、「ふぅーっ」とため息ついてパタンと帳面を閉じ、そのまま引き出しにしまい床に入る。そのままでは永遠に人目にはふれませんよね?あ、もちろん人目にふれさせたくない、もしくは触れると困る、そういった内容の日記であればそれが好ましいのです。なにもホームページ上にのっけて見せびらかす必要はどこにもありません。しかし、仮にみんなに読んで欲しい内容の日記なら・・そう、少なくとも自分と同趣味・同じ喜びまたは悲しみ、それをもつ人たちに読んでほしいホームページ内の記事なら・・それを毎朝会社行く途中コンビニでコピーし、駅の掲示板に貼り付けなさい、というコトなのです。モチロン連絡先明記のうえで。そのうち東口に釣り好き用掲示板、南口にはお酒好き用掲示板、とスペースが増えていって・・となりますね、おそらく。(たぶん・・)。結果的に、それと全く同じ意味合いの “インターネット上での日記見せ合い&仲間獲得の場”。それをホームページ上での簡単な仕組みにコンバートした、それがまぁブログの始まりだったのではないか、などと私は思うのです。

当然、「商売の宣伝に使えるじゃないか。」と考えますね、 アタマのするどい人は。

← →
→コラム:ホームページ・インターネットについて:TOPへ