格安ホームページ制作

ホームページの基礎知識
ホームページはどうやって作るんですか?こんな質問をよくされます。私の場合、自分の描くイラストの著作権を、世に公開するため利用したのがホームページのはじまりでした。たしかgooのブログだった、と思います。

ホームページの始まり
MacintoshのシェアをWindowsが国内で凌駕し始めたその頃から、ホームページ文化はどんどん庶民の生活に浸透し、検索エンジン、そしてホームページが巷?にあふれだしました。う〜ん・・始めはたぶん、趣味を同じくする同好会の会報など作る世話好き?タイプが、ホームページに興味本位で飛びついたのではないでしょうか(笑)。そのうちおそらくそのホームページを見て、「拝見させていただきました。ついては、小生もぜひホームページを作って参加させていただきたく・・」的なやからがメールしてきて・・まぁザックラバンにいってしまえば、昔でいう文通の延長線上としてホームページは始まったのかもしれません。ただ文通は基本的に一対一。それに対しネット上でのコミュニケーションは“複数による交歓”となることが圧倒的に多いようですね。なんといってもホームページ上の掲示板(BBS)というモノの出現は、とてつもなく巨大なムーヴメントの序曲でありました、今おもえば。

ブラウザの競合
ホームページを見る為のソフトもたくさん出現したことでしょう。私はその頃紙媒体のデザインがメイン業務だったので、詳しくはわかりませんが。結局インターネットエクスプローラー・ファイヤーフォックス・ネットスケープが生き残ったようです。たいがいパソコンを買うと、エクスプローラーは初めから入っています。Firefoxのインストールはこちらより。

HTMLファイルとは?
ホームページの絵をアルファベット・記号に直したもの、とでもいいましょうか。Wordなどのソフトでもこのソースを取得できるようですが、機能性を考えるとホームページビルダー・フロントページ・ドリームウィーバーなどの、ホームページ作成専用ソフトを使ったほうがいいかもしれません。

ホームページアドレス(ドメイン)とは?
ホームページにおいての表札名(自分の名前)がドメイン。インターネット上での、一種の意匠登録になります。これを取得するのには、最低1000円くらいの料金が必要です。(com/net/jp/co.jp 、その他ホームページ用サーバのレンタル会社により料金はまちまちです。)

レンタルサーバーとは?
表札だけでは住まいとはいえません。住むための家屋が必要です。そのスペース(ホームページ公開枠)がサーバになります。たとえば http://www.uzukiya.com/ を田中電気さん(仮名)に置き換えてみると、 http://www.tanakadenki.com/ となって、これを玄関にかかげるための物件を契約するわけです。べつに借り受けることをせず、ホームページ用のサーバを自分で所有しても(持ち家でも)かまわないのですが、セキュリティが面倒&メンテナンスが大変です。マンションの方が実際の生活には便利、ですよね?つまりはレンタルサーバーがおすすめなのであります。借りたサーバー内でのあなたのホームページの権利は、きっちり護られます。

FTPソフトについて
これは、作ったデータをサーバーにアップロード(転送)するためのものです。ホームページビルダーには転送する機能が複数組み込まれておりますが、インターネットで簡単にダウンロードできる無料のソフトもあります。
ホームページ作成それ自体は、はっきりいってそんなに難しいものではありません。 ただドメイン取得とかレンタルサーバ契約、そしてアップロードとかちょっとした手違いでつっかえてしまい、あきらめてしまう人が多いのです。ホームページに対する苦手意識がある人は、私のようにまずブログから始めてみるのも一つの手段でしょう。

← →
→コラム:ホームページ・インターネットについて:TOPへ